SevenPlumBar(7PlumBar)

カタカナでマーサ(となりの芝生)

C++ (Arduino)

 継承

 

class U8G2_MAX7219_64X8_1_4W_HW_SPI : public U8G2 {
 public: U8G2_MAX7219_64X8_1_4W_HW_SPI(const u8g2_cb_t *rotation, uint8_t cs,   uint8_t dc, uint8_t reset = U8X8_PIN_NONE) : U8G2() {
  u8g2_Setup_max7219_64x8_1(&u8g2, rotation, u8x8_byte_arduino_hw_spi,  u8x8_gpio_and_delay_arduino);
  u8x8_SetPin_4Wire_HW_SPI(getU8x8(), cs, dc, reset);
  }
};

解釈:

U8G2_MAX7219_64X8_1_4W_HW_SPI が派生クラス

U8G2 が基底クラス (: public がキーワード)

その後ろの {・・・} の部分が派生クラスの定義

関数 U8G2_MAX7219_64X8_1_4W_HW_SPI(・・・)はコンストラクタ(関数が生成(実体化)されたときに自動的に実行される初期化関数)
「U8G2_MAX7219_64X8_1_4W_HW_SPI」のコンストラクタとして

U8G2()(基底クラスのコンストラクタ)を実行した後に
u8g2_Setup_max7219_64x8_1(・・・)と u8x8_SetPin_4Wire_HW_SPI(・・・)の関数が実行されることになる